がん予防だけじゃない!長生きのため歯磨き"先口投資"

こんな記事が出ていました

「1日2回以上歯を磨く人は、1回しか磨かない人より口腔がんや食道がんになる危険性が3割も低い」という疫学調査が出た。“歯磨きとがん”というのは意外な組み合わせだが、じつは歯は、全身の臓器と密接な関係を持っているのだ。
口の中には無数の細菌がいて、その細菌が直接臓器に棲みついて悪さをしたり、歯周病などを通じて血管に入り込むと、さまざまな臓器に影響を及ぼすことになる

 歯周病が原因で引き起こされる危険性のある病気は表の通り。どれも歯科疾患からは想像しにくいものばかりだ。

【“歯”が関与する歯科領域以外の疾患や症状】

★口腔がん(舌、咽頭、喉頭など)

★食道がん

★気管支炎

★肺炎

★糖尿病

★各種消化器疾患

★心内膜炎

★心筋梗塞

★脳梗塞

★早産、低体重児出産

★メタボリックシンドローム

★肩こり、頭痛、腰痛

★認知症

記事全文は
がん予防だけじゃない!長生きのため歯磨き“先口投資”

[PR]
by hayashi_shika | 2009-10-06 22:54 | 歯科臨床
<< 歯周ポケットがあるとメタボリッ... 歯磨きでがんリスク3割減 >>