口腔内細菌がインフルエンザ薬効果を阻害

口腔内細菌がインフルエンザ薬効果を阻害

タミフル等のインフルエンザ治療薬が効かないケースに口腔管理による細菌対策が有効か-。
日本大学医学部感染症ゲノム研究センターの清水一史氏らは、
口腔内細菌の酵素「ノイラミニダーゼ(NA)」が
インフルエンザ薬の効果を阻害する可能性があることを明らかにした。
同研究は、日本歯科総合研究機構プロジェクトとして進められていた
「口腔管理(口腔ケア)とインフルエンザ対策・研究会議」の一つで、
科学雑誌「PLOS ONE」に掲載されたもの。

これから冬にかけてインフルエンザシーズンになります
口腔ケアを行い一緒にうがいも励行して
インフルエンザシーズンを乗り切りたいものです

松阪市の林歯科医院では、口腔ケアに力を入れています
定期検診で口腔ケアをちゃんと行えば
歯周病も虫歯も予防され歯はほとんど失われません

[PR]
by hayashi_shika | 2012-10-20 21:18 | 健康情報
<< 歯科衛生士復職支援講習会 はまゆう会10月例会 >>