重度の歯周病で、インプラント、サイナスリフトを行った症例

11月14日のしんせん組11月例会で発表した症例です
重度の歯周病の患者様で保存不可能な歯も多数あり
歯周外科手術や上顎洞拳上術、インプラントにより
改善を行った症例です。
現在は歯周病もすべて3ミリ以下にコントロールされていて
初診時とは比較にならないいい状態で推移しています

f0122440_22214163.jpg



f0122440_22224258.jpg



f0122440_22233696.jpg



[PR]
by hayashi_shika | 2012-11-16 22:13 | 歯科臨床
<< オペ好きが集まっての意見交換会 副院長の誕生日 >>