飲んでも安全、新洗浄剤を開発 虫歯予防で九大グループ

飲んでも安全、新洗浄剤を開発 虫歯予防で九大グループ

九州大農学研究院などのグループは19日、天然素材である乳酸菌とウメのエキスを使った抗菌剤を開発し、口腔洗浄剤として製品化したと発表した。強い殺菌力で虫歯や歯周病を予防するだけでなく、飲み込んでも安全なため、重度の身体障害者や要介護の高齢者への販売を目指す。

 研究グループには、鹿児島大と国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)、福岡県久留米市の化粧品メーカーも参加。

 研究グループによると、乳酸菌研究が専門の園元謙二・九州大教授らは、乳酸菌が作り出すタンパク質の一種「ナイシンA」の抗菌効果に注目した。ウメエキスと組み合わせたところ、効果がさらに高まった。
2012/12/19 19:32 【共同通信】
[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-26 11:32 | 健康情報
<< 歯磨きの仕方について 腸内細菌が肥満の原因に? >>