がん患者歯科医療連携事業

f0122440_7403369.jpg

三重県歯科医師会館で
日本歯科医師会・国立がん研究センターの
がん患者歯科医療連携事業伝達講習会が開催されて参加してきました
がん患者さんの手術前に口腔内の環境整備清掃を行うことで
手術後の合併症の予防になる。あるいは放射線療法や化学療法の患者様の
口腔内のメインテナンスを行うための事業で国立がん研究センターを中心に
関東で先行的に事業が行われているのですが、それを全国展開するための一環として
今回三重県でも開催されました
三重大学医学部がんセンター長の中瀬先生
三重県健康福祉部の芝田室長も参加していただき
今後この事業を三重県で行っていくための第一歩がはじまりました。

[PR]
by hayashi_shika | 2013-01-13 20:39 | 講習会
<< 院内ミーティング 風邪予防もできる!よく噛むこと... >>