東国原知事良かったですね

<東国原宮崎県知事>のどの腫瘍は良性と判明
宮崎県の東国原英夫知事は5日、のどに2カ所見つかった腫瘍(しゅよう)について、「『良性で今のところ摘出の必要はない』という検査結果を伝えられた」と明らかにした。病名は「結節性甲状腺腫(せんしゅ)」で、8月の人間ドックで判明した腫瘍を宮崎市内の民間病院で再検査していた。
 東国原知事は「正直ほっとしている。もうちょっと健康管理に気を付けなさいという黄色信号だったのかと思う。(知事という)慣れない世界に入り、仕事の環境が変わってストレスがたまっていたのかも」と語った。ただ、公務は来年2月までスケジュールがいっぱいで、まとまった休みを取ることは考えていないという。

ほんと良かったですね
やっぱり、健康が一番です
最近太り気味なので気をつけないと・・・
[PR]
by hayashi_shika | 2007-09-05 23:31 | 日記
<< 歯科技工10月号の打ち合わせ 抗菌薬で歯周病改善 >>