カテゴリ:歯科臨床( 63 )

重度の歯周病で、インプラント、サイナスリフトを行った症例

11月14日のしんせん組11月例会で発表した症例です
重度の歯周病の患者様で保存不可能な歯も多数あり
歯周外科手術や上顎洞拳上術、インプラントにより
改善を行った症例です。
現在は歯周病もすべて3ミリ以下にコントロールされていて
初診時とは比較にならないいい状態で推移しています

f0122440_22214163.jpg



f0122440_22224258.jpg



f0122440_22233696.jpg



[PR]
by hayashi_shika | 2012-11-16 22:13 | 歯科臨床

歯髄幹細胞を移植する「歯髄再生」の臨床研究

歯髄幹細胞を移植する「歯髄再生」の臨床研究を厚労省科学技術部会が承認、
愛知学院大学と国立長寿医療研究センターの共同研究

愛知学院大学の中村洋教授のグループと、
国立長寿医療研究センターの中島美砂子部長のグループが共同で申請をした
歯髄再生のための臨床研究が、10月18日の厚生労働省科学技術部会で承認された。
歯髄再生の臨床研究は日本で初めてという。
研究の内容は、抜歯した親知らず等の歯髄から採取した幹細胞を、
同じ患者の抜髄した歯に移植することで歯髄を再生させるというもの。
同研究は、内閣府などが支援する全国で24課題が採択された
「先端医療開発特区(スーパー特区)」に認定されている

歯髄の再生ができるようになるとすごいことですね
[PR]
by hayashi_shika | 2012-10-23 07:28 | 歯科臨床

昨日も外傷の患者様

昨日も一昨日に引き続いて外傷の患者様が来院されました
今回は小学生で
生えて間もない上顎前歯を打って一部折れてしまいました
この患者様なんと志摩市からわざわざ来ていただきました
遠くから来ていただきありがとうございました
林歯科医院は国際外傷歯学会に参加していて
外傷歯の治療も得意としています
この日は歯髄保護を行い
即日歯の形態の修復を行いました
順調な経過をたどれば今日一日の処置で終了となる予定です



[PR]
by hayashi_shika | 2012-10-05 23:27 | 歯科臨床

臨床歯周病学会でポスター発表

f0122440_14525360.jpg

昨日から臨床歯周病学会に参加のため東京です。
今日は、ポスター発表があり、発表を行いました。
症例は、エムドゲインで骨の再生を行った症例です。
歯周病は、患者様がその気になってくだされば治ります
年齢とともに歯が抜けるなんてのは昔の話です
きちっとメインテナンス(定期的お手入れ)をしていけば
歯は守れます。
林歯科医院は、歯周病専門医として
患者様の歯を守ることに全力を注いでいます。

林歯科医院はデンターネットに参加しています。
三重県松阪市で現在1位です。
皆さんのおかげです。ありがとうございます。

「林歯科医院、良いね」と思っていただけている方は、
こちらからデンターネットに行って、
「林歯科医院」の「HP」というボタンをクリックしてください。
投稿も募集中です。

[PR]
by hayashi_shika | 2012-06-17 14:48 | 歯科臨床

乳歯の役割  かむことで顔の成長促す

乳歯の役割  かむことで顔の成長促す

今回は乳歯の役割についてお話したいと思います。
お子さんやお孫さんの歯が生え始めて、
喜びや感動を覚えた方もいらっしゃることと思います。
最近は抜けた乳歯を収納する専用のボックスまでもが存在し、
へその緒のように保存する方もいらっしゃるようです。
その乳歯ですが、単に子どもがご飯を食べるだけに使用するだけでなく、
いろいろな役割が存在します。
一番の役割は、ご飯をよくかんで食べることにより
健康な体をつくるということは皆さんもご存じかと思います。
しかしながら乳歯が健全な永久歯をつくることはあまり知られておりません。
乳歯でよくかむことにより顔や顎の成長を促進させます。
また、健康な乳歯は永久歯の生えるスペースを生え替わりまで確保します。
近年、歯並びに不安を覚え来院される方が増えたように思われます。
もちろん歯並びの原因は乳歯のむし歯だけではありませんが、
一つの原因になることは確かです。
残念なことにこのような役割があまり知られていないため、
乳歯は生え替わるからむし歯になっても痛くなければ大丈夫と思い、
治療が遅れるケースもあるようです。
乳歯の生え始めたころの感動を忘れず、
その役目を終え、生え替わるまでぜひ大切にしていただければと思います。

みんゆうnet 歯の健康相談 2012年5月25日より

[PR]
by hayashi_shika | 2012-06-01 07:50 | 歯科臨床

歯科金属アレルギー 唾液通じて血液に、全身に症状

歯科金属アレルギー 唾液通じて血液に、全身に症状 -朝日新聞デジタル - 体とこころの通信簿 - アピタルー(医療・健康)

春を迎え、汗ばむことが増えてきた。時計やアクセサリーなど、金属が原因で赤みや発疹が出る金属アレルギーは、汗が原因となりやすい。しかし直接金属に触れていない部分にも、歯の詰め物などの金属が原因で全身に症状が出る場合もあり、注意が必要だ。

 同じ金属に繰り返し触れると、汗や唾液(だえき)で溶け出した金属イオンが体内に入り込む。これがたんぱく質と結びつき、異物とみなされるとアレルギーの原因となる。

 最近注目されているのが、歯科の治療で使う金属が原因となる「歯科金属アレルギー」だ。

 「皮膚科などでいくら治療しても治らない場合や、症状が出る前に集中的に歯科治療を行った場合、歯科金属アレルギーが疑われます」と、東京医科歯科大臨床教授で、松村歯科医院(東京都)の松村光明院長は話す。

 歯科用合金には、ニッケルやクロム、コバルトなど、アレルギーを起こしやすい金属が使われている。歯の詰め物などに含まれる金属が唾液を通じて血液に流れ込むと、全身に症状が出る。

当院でもメタルフリーの治療もおこなっています
f0122440_11103727.jpg



f0122440_11111860.jpg

最近確かに金属アレルギーの患者様も増えてきているし
よりきれいに快適にという審美的要求から
メタルフリーを希望される患者様も増えてきています
ご希望の方はご用命ください

[PR]
by hayashi_shika | 2012-04-30 11:17 | 歯科臨床

ホワイトニング結果2

f0122440_1228361.jpg
ホワイトニング体験取材の結果その2です
今回体験していただいたのは
オフィスホワイトニング1回とホームホワイトニング2週間の
デュアルホワイトニングのコースです
そのほかにも
ホームホワイトニングのみ
オフィスホワイトニングのみ
オフィスホワイトニング2回+ホームホワイトニング3週間の
パーフェクトホワイトニングのコースがあります
詳しくは林歯科医院のホームページをご覧ください


[PR]
by hayashi_shika | 2012-04-26 12:26 | 歯科臨床

ホワイトニング結果1

f0122440_9453714.jpg
今回の体験取材の結果その1です
デュアルホワイトニングで十分に白くなりました
今回の体験取材の記事は
次回のメディサポに掲載予定です



[PR]
by hayashi_shika | 2012-04-25 09:44 | 歯科臨床

ブライダルホワイトニング

f0122440_89238.jpg
結婚式を来月に控えた当院の受付の大垣さん
結婚式でより白く輝く歯で最高の笑顔を作るために
昼休みの時間を利用して自らホワイトニングです
成果は人それぞれですが
彼女の場合は驚くほど白くきれいになりました
今度来院される機会がありましたら
彼女の白く輝く歯を見てやってください

当院では今、平日のお昼休み限定
ランチタイムキャンペーンを実施しています
通常より安くホワイトニングを受けていただくことができます
詳しくはお問い合わせください


[PR]
by hayashi_shika | 2012-04-07 08:08 | 歯科臨床

"よくかんで ダイエット" 食べ方改善法

NHK生活情報ブログにこんな記事が出ていました
2006年に日本肥満学会が出した「肥満症治療ガイドライン」です。
この中に、「咀嚼(そしゃく)法」とあるのが、今回取り上げる「よくかんでダイエット」です。
【肥満と早食い】
かむと、脳内にヒスタミンという物質が分泌されます。この物質が満腹中枢に働いて適度なところで食事を抑えます。
それだけではありません。内臓脂肪の分解を促すことが分かってきました。かめばかむほど、こ うした作用が働いて、減量につながるわけです。
厚生労働省では、一口当たり「カミング30(サンマル)」と 題して、30回かむことを提唱しています
厚生労働省の研究班が作った「早食いタイプ別」の食べ方改善法です。
▽かまないで食べる人・・・かみ応えのあるものを、形が無くなるまでかむ
▽一口の量が多い人・・・丸かじりしない、小さなスプーンを使う
▽次から次に口に入れる人・・・箸を置く

[PR]
by hayashi_shika | 2012-03-14 20:52 | 歯科臨床