<   2012年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ノロウイルスどう防ぐ?

ノロウイルスどう防ぐ?

ノロウイルスの集団感染が止まらない。宮崎県日南市の病院では院内感染で6人の死者が出た。冬場の感染力が極めて強く、子供や高齢者はとくに注意が必要だ。どう予防をすればいいのか。

 Q ノロウイルスが猛威を振るっているが

 A ノロウイルスは感染力が極めて強い病原体で、冬場(12~1月)を中心に多発する感染性胃腸炎の原因の多くを占める。今年は特に人間の免疫をすり抜けやすい「新種」の出現が確認されており、世界的に流行が広がっている。過去10年では平成18年の大流行に次いで患者数が多い。

 Q どんな症状が出るの?

 A 感染して1~2日後に発症する。吐き気や嘔吐(おうと)、激しい下痢や腹痛が襲う。健康な成人なら2~3日で回復するが、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者では重症化の恐れがある。吐いた物が気道に詰まって窒息する危険もある。

 Q 感染経路は?

 A カキなどの二枚貝に潜んでいることが多く、加熱処理が必要。また感染者の吐いた物や下痢の便などに触れた手からウイルスが口に入って二次感染するケースが多い。ウイルスが乾燥すると空中を漂い、口に入ることもある。

Q どう予防すればいいの?

 A ワクチンなどの予防法がなく、ウイルスを近づけないことが重要。トイレの後や食事の前に流水とせっけんで手首までしっかり手を洗う。生食を控え、調理器具は85度以上の熱湯で1分以上加熱するとよい。

 Q 吐いた物や便を処理するときの注意点は?

 A 使い捨て手袋とマスクを着用し、塩素系消毒薬とペーパータオルを使ってぬぐい取る。アルコール消毒はあまり効果がない。ペーパータオルなどはポリ袋に密封して捨てる。

 Q 塩素系消毒薬って?

 A 家庭用の塩素系漂白剤を薄めて作ることができる。水3リットルに対し、10ミリリットルが目安。トイレのドアノブや水洗レバーなどを拭いたり、カーテンや衣類などの消毒にも使える。腐食性があるため、金属の消毒後には薬剤を拭き取ったほうがいい。

 Q 発症時の注意点は?

 A 脱水症状を防ぐため、水分補給を十分行う。水も飲めないようなときは医療機関で治療する。ウイルスの排出を妨げる下痢止め薬は回復を遅らせることもあり注意が必要だ。


msn産経ニュース 2012.12.24

松阪市の林歯科医院でも感染予防に力を入れています
[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-31 16:45 | 健康情報

免疫すり抜ける「変異型」ノロ、大流行の兆し

免疫すり抜ける「変異型」ノロ、大流行の兆し

この冬、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎は大流行する兆しを見せている。厚労省は、重症化しやすい子どもや高齢者らに特に注意を呼びかけている。

 国立感染症研究所が、全国約3000の小児科病院から報告を受けている定点調査によると、1医療機関当たりの感染性胃腸炎の平均患者数は、12月3~9日の1週間で今季最高の19・62人に達し、過去10年間で最も多かった2006年に次ぐ水準となった。

 感染研によると、今シーズン流行しているウイルスは、人間の免疫をすり抜けやすい性質に変異しており、感染が広がる一因になっている。同じ変異型のウイルスは、世界的に流行しているとみられるという。

 国内では今月に入り、大分県竹田市の病院に入院していた男性患者(当時84歳)が死亡したほか、京都市左京区の病院でも80歳代と90歳代の男性患者が死亡。広島市でも1000人以上が集団食中毒にかかるなどした。西日本での流行が目立っているが、北海道や静岡など東日本の各地でも集団感染が確認されている。


livedoor NEWS
[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-30 14:41 | 健康情報

喫煙で余命8~10年短縮

喫煙で余命8~10年短縮  欧米研究と同水準

 喫煙が健康に悪いのは常識だが、吸い続けると命は何年縮むか。放射線影響研究所 (広島市)の坂田律・副主任研究員らのチームは、20歳までに吸い始めた喫煙者の余命は男性8年、女性は10年短縮するとの大規模研究を英医学誌に発表した。
 過去の国内の研究では、余命短縮はこの半分程度とされていたが、今回の数字は欧米の研究結果とほぼ同水準になった。
チームは、1950年に広島と長崎で始まった原爆被爆者を含む健康追跡調査の対象者約12万人のうち、喫煙習慣の情報が得られた約6万8千人(男性約2万7千人、女性約4万1千人)を平均23年間追跡した。
 分析の中心は20~45年生まれの人たち。「喫煙者」「禁煙者(過去に喫煙)」「非喫煙者」の3群に分け死亡率などを比較。他の習慣や被ばく線量を考慮した解析も行い、結果は妥当と確認した。
 死亡率は20歳までに吸い始めた喫煙者が最も高く、非喫煙者に比べ男性は2・21倍、女性は2・61倍になった。


47 NEWS 2012.12.25
[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-29 13:09 | 健康情報

今日で仕事納めです

今日で2012年の仕事納めです
今年1年間ありがとうございました。
来年は1月5日(土)から通常通りの診療を行います
来年も松阪市の林歯科医院では
患者様の口腔内の健康を維持するために
スタッフ一同全力を尽くす所存です
今後ともよろしくお願いいたします

良いお年をお迎えください

[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-28 21:15 | 医院情報

歯磨きの仕方について

歯磨きの仕方について

 手鏡で歯垢の残りを確認

 食事の後や寝る前にちゃんと磨いているのに、なぜかむし歯になってしまうということはないですか? 歯磨きをしたからといって、しっかり汚れを落せているとは限りません。では、どんな磨き方をしたらいいのでしょうか? 

 ■歯ブラシのヘッドは小さいものを!
 ヘッド部分は小さめの方が奥歯までブラシが届き、小回りが利くので磨き残しができやすい場所の歯垢(しこう)も落とせます。

 ■歯ブラシの硬さは「普通」を選びましょう!
 歯周病が進み治療中で歯茎などにトラブルがあるなどの特別な場合を除いて、普通表示のものを使うとよいでしょう。硬過ぎると歯茎を傷めてしまう場合があり、軟らか過ぎると毛先が逃げてしまい、うまく力が入らず、きちんと磨けないこともあります。

 ■力を入れずに磨くのが大切!
 歯ブラシをぎゅっとつかんで持つと、力が強く入りやすく小刻みな動きもしにくい。ペングリップ(親指、人さし指、中指の3本で握る)で軽く持ち、手首を柔らかく動かすようにしましょう。

 ■5ミリ間隔で小刻みにブラシを動かす!
 大きなストロークでは溝の奥まで毛先が届きません。5ミリ程度の細かい往復運動で多方向から磨くのが、効率的です。手鏡で歯垢がきちんと落ちているか確認してください。歯磨きはオーラルケアの基本です。毎日きちんとした歯磨きをする習慣をつけられるといいですね。(県歯科医師会)


minyu-net 福島民友2012.12.14
[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-27 13:11 | 健康情報

飲んでも安全、新洗浄剤を開発 虫歯予防で九大グループ

飲んでも安全、新洗浄剤を開発 虫歯予防で九大グループ

九州大農学研究院などのグループは19日、天然素材である乳酸菌とウメのエキスを使った抗菌剤を開発し、口腔洗浄剤として製品化したと発表した。強い殺菌力で虫歯や歯周病を予防するだけでなく、飲み込んでも安全なため、重度の身体障害者や要介護の高齢者への販売を目指す。

 研究グループには、鹿児島大と国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)、福岡県久留米市の化粧品メーカーも参加。

 研究グループによると、乳酸菌研究が専門の園元謙二・九州大教授らは、乳酸菌が作り出すタンパク質の一種「ナイシンA」の抗菌効果に注目した。ウメエキスと組み合わせたところ、効果がさらに高まった。
2012/12/19 19:32 【共同通信】
[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-26 11:32 | 健康情報

腸内細菌が肥満の原因に?

腸内細菌が肥満の原因に? 食生活改善で30キロ減、中国研究

【12月20日 AFP】肥満の原因菌かもしれないバクテリア(細菌)を特定したとする論文が、上海交通大学(Shanghai Jiao Tong University)の研究チームにより国際微生物生態学会(International Society for Microbial Ecology)の学会誌で発表された。食生活を通じて体内の微生物をコントロールすることにより、肥満と戦うことができるかもしれないという。

 この細菌は「エンテロバクター」と呼ばれる種で、研究に協力した病的な肥満に苦しむ患者の腸内で大量に発見されたことから、肥満との関連が疑われるようになった。

 そこで研究チームは、高脂肪の餌を与えても太らないほどの肥満耐性を持つように育てたマウスに、エンテロバクターを最大10週間にわたり注入し、同時に栄養価の高い餌を与える実験を行った。すると、マウスの体重は大幅に増加したという。この実験結果は、細菌が人間の体内で「肥満の発生原因になっている可能性がある」ことを示すものだと論文は述べている。

 人間の患者1人を対象に行った実験では、全粒穀物、中国伝統の薬膳料理、プレバイオティクス(オリゴ糖や食物繊維など)を中心とした食生活を9週間続けたところ、体重は30キロ以上減り、腸内のエンテロバクターの数は「検知不能」なレベルまで減少したという。

 今回の論文執筆者の1人、趙立平(Zhao Liping)氏の過去の研究について米科学誌サイエンス(Science)が今年掲載していた記事によると、同氏は腸内細菌のバランスを調整するためにニガウリなどを発酵させたプロバイオティック食品中心の食生活に切り替えたところ、体重が2年で20キロ落ちたという。サイエンス誌は、趙氏が腸内細菌と肥満の関係について行った研究は、腸は「健康作りの基本」という中国で昔から信じられている考え方に基づいたものだと説明している。

 研究チームは今回の論文で、さらに研究を重ねて「さまざまな地域の人々が持つ同じような肥満原因菌を特定したい」と述べている。(c)AFP

[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-25 11:25 | 健康情報

1日4杯超のコーヒーで口腔・咽頭がん死リスク半減

米国がん協会疫学研究プログラムのJanet S. Hildebrand氏らは、
1日4杯を超える量のコーヒーを飲むと、飲んでない人や1日1杯未満の人と比べ、
口腔(こうくう)がんや咽頭がんによる死亡リスク低下したと、
12月9日発行の米医学誌「American Journal of Epidemiology」(電子版)に発表した。
一方で、紅茶とリスク低下との間に関連は認められなかったという。


記事全文はこちら
[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-24 11:16 | 健康情報

副院長が無事退院しました

副院長が無事退院しました
経過が良好で、予定より1日早い退院となりました
患者の皆様をはじめ、多くの方にご心配をおかけしました
おかげさまをもちまして順調に回復をしています。
ご心配をいただいた皆様にこの場をお借りして
お礼申し上げます
ただ、年内は自宅療養をさせていただき
来年より診療に復帰する予定としています
患者の皆様にはまだ少しご迷惑をおかけしますが
何卒よろしくお願いいたします

[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-23 13:57 | 医院情報

スタッフがお見舞に来てくれました

f0122440_226401.jpg

f0122440_2264299.jpg

写真はピンボケだけど
スタッフがお見舞いに来てくれました
すごい感謝です
しかもお見舞いの品までいただいて
本当に申し訳ないです
うちのスタッフはみんなやさしいし本当にいい子たちがそろっています
本当に自慢のスタッフです
休みなのにわざわざ出てきてくれた子もいるし・・・
いいスタッフに恵まれて幸せです

[PR]
by hayashi_shika | 2012-12-21 22:03 | 医院情報