タグ:公衆衛生 ( 12 ) タグの人気記事

日本人の歯周病、なぜ減らない

ジョンソン・エンド・ジョンソン 2012年8月6日プレスリリース

~最新の大規模疫学調査 厚生労働省「歯科疾患実態調査」 からみる国民のお口の実情~
歯の長寿化が進む一方、歯周病などの口腔トラブルが増加傾向に
日本人の歯周病、なぜ減らない
~歯みがきだけでなく口内細菌を意識したケアが重要~
慶應義塾大学 医学部歯科・口腔外科教室 教授 中川種昭先生が解説!
 

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役 プレジデント:柴田 透)では、2012年6月、厚生労働省が6年ぶりに発表した「平成23年歯科疾患実態調査*1」の結果に基づき、日本人の口腔状態の最新事情を考察するため、慶應義塾大学 医学部歯科・口腔外科教室 教授 中川種昭先生に本調査について解説をしていただきました。

厚生労働省の調査では、80歳以上で自分の歯を20本以上持つ日本人が増加し、残存歯数も増えたことで、日本人の歯の長寿化が進んでいる状況にあることがわかりました。しかし、特に高齢者層においては歯周病の割合も増加しており、残存歯数が増加したことによる口腔トラブルも増加傾向にあることが明らかになりました。

「平成23年 歯科疾患実態調査」の主な結果概要は以下の通りです。
1. 8020運動*2の達成率が初の30%超え、80歳での1人平均残存歯数も13.9本と前回調査より増加。
2. 一方、中~高齢者の間で歯周病などの口腔トラブルを抱えている割合が上昇。
3. ブラッシングによる日常ケアが定着し、毎日の歯みがき回数は依然増加傾向。

記事全文はこちら
[PR]
by hayashi_shika | 2012-08-06 23:00 | 健康情報

中原小学校で保健教室

f0122440_721756.jpg
学校歯科医を務める中原小学校で保健教室を行いました
この取り組みももう5年以上続いています
少しでも子供の虫歯を減らしたい
なるべく多くの子供さんに虫歯のない永久歯列を獲得してもらいたい
という医院の理念と同じ思いでの取り組みです
今年の6年生は13人中10人が虫歯なしでした



f0122440_722729.jpg
今年は歯科衛生士の花井と奥田の2名が行いました
虫歯の話とクイズ
染め出しとブラッシング指導です
毎年4年生を対象に行っています



林歯科医院はデンターネットに参加しています。
三重県松阪市で現在1位です。
皆さんのおかげです。ありがとうございます。

「林歯科医院、良いね」と思っていただけている方は、
こちらからデンターネットに行って
「林歯科医院」の「HP」というボタンをクリックしてください。
投稿も募集中です。

[PR]
by hayashi_shika | 2012-07-05 20:19 | 医院情報

80歳で自分の歯20本以上、38% 過去最高に

80歳で自分の歯20本以上、38% 過去最高に

80歳で自分の歯が20本以上ある人は、
2011年で3人に1人になったとする調査結果を厚生労働省が発表した。
調査は6年に1度で、1987年の8%から毎回増え続け、
今回は過去最高の38%となった。
厚労省は22年に50%をめざす方針。
厚労省は「歯を失う原因の歯周病を予防する意識が高まってきたためではないか」とみている。
4~10日は歯の衛生週間。

 調査は、国民生活基礎調査のデータから無作為に選んだ
1歳以上の男女4253人分について分析した。
75歳以上85歳未満のデータから推計した
80歳で20本以上の歯がある人の割合は38%で、
前回05年の24%より14ポイント増えた。

 永久歯の数は通常上下合わせて28本で、このうち20本残っていれば、
高齢者でも硬い物を食べられるとされる。

長年、8020運動を行ってきた成果ですよね
年を取ると総入れ歯という構図はもう過去のものになりつつあります。
やっぱり自分の歯が一番です。

[PR]
by hayashi_shika | 2012-06-06 17:55 | 健康情報

健康に役立つ唾液の働き―消化促進、虫歯予防も

健康に役立つ唾液の働き―消化促進、虫歯予防も

中年以降は減少に注意

唾液(だえき)は、健康を維持する上で多くの役割を果たしている。
分泌量が中年を過ぎると減少しやすく、
消化に悪影響を及ぼしたり、虫歯などの原因になったりする。
少なくなるのを防ぐには、よく水を飲むなどして分泌を促す必要がある。

鶴見大学歯学部(神奈川県)歯科補綴(ほてつ)学の阿部實准教授は、主な唾液の働きとして、
1.消化作用
2.低いと虫歯になりやすいpH(水素イオン濃度指数)の調整
3.歯や粘膜の保護
4.口腔(こうくう)内の洗浄
5.抗菌・殺菌作用
6.味覚に関係する作用

―の6点を挙げる。

 「唾液は健康や生活の質の維持に関わっており、中年以降は加齢に伴い分泌が低下しやすくなります。加えて生活習慣病などで薬を服用する機会が増えますが、降圧薬や精神安定薬などには唾液の分泌を抑える作用のある薬もあります」
食べ物はよくかんで
 唾液の分泌が減少すると食べ物の消化に悪影響を及ぼすだけでなく、虫歯や歯肉炎を起こしやすくなったり、義歯を入れている場合は痛みが生じやすくなったりする。唾液の働きを十分に理解して、日頃から分泌を促すように注意した方がよい。

 「積極的に水分を取るのが第一です。ただし、清涼飲料水だと肥満や糖尿病の原因になりかねません。水を1日1.5~2リットル飲むとよいでしょう」(阿部准教授)

 さらに、唾液の分泌には、
食べ物はよくかんで口の機能をしっかり使う
耳の下、顎の骨の内側、顎の骨の中央(舌の下)の3カ所にある唾液腺を指圧する

―などの点に留意するとよいという。

 阿部准教授は「こうした日常のケアをしていても唾液の分泌低下がある場合は、薬の副作用や原因となる疾患がある可能性があるので、歯科か口腔外科を受診してください」とアドバイスしている。

あなたの健康百科~2012年5月24日~

[PR]
by hayashi_shika | 2012-05-28 07:22 | 健康情報

お口の老化と歯間ケアに関する調査

お口の老化と歯間ケアに関する調査

20~30代の約半数が“お口の老化”進行中、ついに口内も高齢化に!?“お口の老化”が進行している人ほど、歯間ケアがおろそかになりがち

 株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、全国の20~60代の男女計1,030人を対象に、歯科医監修*1による“お口の老化チェックリスト*2”を用いた「お口の老化と歯間ケアに関する調査」を実施しました。

 この調査を通じて、20代、30代の半数近くは、お口の老化が進行している口腔状態であり、若年層からすでに口の高齢化が始まっている現状が明らかになりました。また、お口の老化が進んでいる人ほど、歯間ケアがおろそかだったり、偏った食生活をしていることがわかりました*3 。

なお、“お口の老化チェックリスト”では、歯周病のリスクの低い順に、口内健康、口内老化注意報、口内老化警報、お口の末期症状、口内崩壊として、チェック数に応じて5段階で口腔状態を分類しています*4。


確かに、臨床実感として若い世代でひどい状況の口腔内の患者様がおられます。
そして、その世代の患者様は治療途中で来られなくなる方が多い気がします
治療途中の放置は一番悲惨な結果を招きます
出来うる限り治療終了まで頑張っていただき
その後もメインテナンスをしっかりとしていただき
悪くなっていかない口腔内を構築していただきたいものです


[PR]
by hayashi_shika | 2012-05-25 00:19 | 健康情報

重い歯周病患者ほどメタボになりやすい

 重い歯周病を患う人ほど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になる確率の高いことが、滋賀県長浜市民約6000人に対する調査でわかった。

 成人の約8割がかかる「口の生活習慣病」と言われる歯周病とメタボとの関係を一般市民を対象にした大規模調査で明らかにしたのは全国で初めて。17日から広島市で開かれる日本口腔こうくう科学会で発表する。

 京都大医学研究科の別所和久教授らが実施。2009~10年度、40歳以上の長浜市民6627人(男性2170人、女性4457人)について歯周病の程度を「0~4」の5段階で評価し、腹囲などによるメタボ診断を行った。

 その結果、程度が「4」と最も重い歯周病患者でメタボの割合(男性21%、女性6%)は、歯周病でない人や「1~2」の軽い患者の数値(同16%、同3%)に比べて高かった。メタボになるリスクは、「4」の歯周病の男性で1・3倍、女性で1・5倍になるという。別所教授は、「歯周病になるとかむ力が落ち、栄養のバランスが崩れるためだろう」という。

(2012年5月16日15時16分 読売新聞)

やはり、かむことは健康の基本ですよね
おいしい食事をおいしく食べれるおいうのは至福のひと時だと思います
歯周病専門医のいる林歯科医院では歯周病のない健康な口腔内を作ることに精力を傾けています

林歯科医院はデンターネットに参加しています。三重県松阪市で現在1位です。
皆さんのおかげです。ありがとうございます。

「林歯科医院、良いね」と思っていただいてる方は、こちらからデンターネットに行って、「林歯科医院」の「HP」というボタンをクリックしてください。投稿も募集中です。

[PR]
by hayashi_shika | 2012-05-16 20:59 | 健康情報

検診ざんまいの一日

今日は検診デーでした
この時期は、毎年歯の衛生週間前で
検診が多い時期です。
今日は、午前中が松阪市立中原小学校の歯科検診でした。
最近は虫歯がないお子さんが増えてきたなと実感させられます。
6年生からは学校代表を選ぶのですが
今年は結構大変でした
28名のクラスのうち半数近くが虫歯なし
代表の要件で、永久歯列が完成しているというのがあるので
子供の歯が残っていたりまだ生えてない歯があるといけない
ということでピックアップされたのが6名
ここから1名に決めるのは結構難しい
だってみんな虫歯はなくてそこそこ歯並びもよくて・・・
最後は全体のバランスで決めました
その他のカリエスフリーのお子さんもこのまま
カリエスフリーであり続けてもらいたいものです。

午後からは、松阪市の1.6歳児検診
こちらは、この時期虫歯が出来ることはすごくまれで
検診&お母さんの子供の歯に対する悩み相談
みたいな感じです。
うちのスタッフのお孫さんも来ていてビックリでした。


林歯科医院はデンターネットに参加しています。三重県松阪市で現在1位です。
皆さんのおかげです。ありがとうございます。

「林歯科医院、良いね」と思っていただいてる方は、こちらからデンターネットに行って、「林歯科医院」の「HP」というボタンをクリックしてください。投稿も募集中です。font>
[PR]
by hayashi_shika | 2012-05-10 23:47 | 医院情報

おなかの脂肪で歯茎再生…阪大グループが臨床へ

重い歯周病で失われた歯茎などを、患者自らの皮下脂肪から抽出した幹細胞を移植して再生する世界初の臨床研究を、大阪大歯学部付属病院(大阪府吹田市)の村上伸也教授らのグループが始める。

動物実験では再生効果が確認されており、先月下旬、厚生労働省のヒト幹細胞に関する審査委員会に研究計画を提出した。
認められれば年内にも実施し、安全性や有効性を確かめる。

歯周病は成人の約8割がかかり、歯を失う最大の原因になっている。
感染による炎症で、歯茎と、その下の歯槽骨やセメント質などの歯周組織が破壊され、口臭の原因にもなる。

臨床研究は、中等症から重症の患者12人が対象。
局所麻酔をした患者の腹部から皮下脂肪を30~10cc採り、歯周組織の元になる幹細胞を抽出する。
3週間、培養した後、歯槽骨が欠けた部分に移植する。
(2012年5月5日12時35分 読売新聞)

うまくいって早く臨床応用されるといいですね

[PR]
by hayashi_shika | 2012-05-08 18:35 | 健康情報

目で見るフッ素の効果

虫歯予防にはフッ素を定期的に塗ることがとても効果があります。
でもその効果はなかなか実感できません。
4か月ごとの小児の患者さんの定期検診時に塗布しているフッ素ですが、
患者さん本人、患者さんの保護者の方のみならず、私たち歯科医院のスタッフ自身も
「多分効いているんだろうな。」とは思っても半信半疑のところがありました。
フッ素の効果を実感していただければと思い、簡単な実験を行ってみました


f0122440_1156356.jpg
 準備物です
 歯の代わりに歯と成分の似ている卵を利用
 虫歯菌が歯を溶かす酸の代わりに食酢を利用
 フッ素は普段院内で塗るフッ素を利用しました


f0122440_11574298.jpg
 卵を入れる容器にフッ素を注ぎ、この中に卵の半分を5分浸します
 5分後に卵を取り出し、流水でフッ素に浸した部分を洗い流します。


f0122440_11591614.jpg
 食酢(酸)に卵全体を浸します。
 フッ素に浸さなかった部分は、食酢に入れた直後から泡立ちます。
 これは酸によって卵の殻からカルシウムが溶け出している状態です。
 ムシ歯は口中の酸によって溶けて弱くなった部分から菌が侵入し、始まります。
 これに対してフッ素が塗布された部分は酢(酸)に反応せず溶けることはありません


f0122440_1204510.jpg
 酢から取り出して乾かしました
 フッ素を塗った部分は酢の酸によって溶けずにそのまま。
 一方、フッ素を塗らなかった部分は溶かされて
 脱灰して白く溶けました。
 これがお口の中なら虫歯になったということです
 このようにフッ素を塗ることは虫歯予防効果があります。


当院では、なるべくお子様の虫歯を作らないために
虫歯のないお子様の場合4か月に1度のフッ素塗布を
虫歯が出来たことのあるお子様の場合
2~3か月に1度のフッ素塗布を推奨しています

[PR]
by hayashi_shika | 2012-04-23 12:53 | 健康情報

歯を大切に 健康目標大幅引き上げへ

歯を大切に 健康目標大幅引き上げへ(NHK NEWSWEB)

歯周病や虫歯など、口の中の状態が全身の健康に関連していることから、国は子どもの虫歯予防や高齢者の歯を残すことに関する目標を現在よりも大幅に引き上げることになりました。

歯科医療を巡っては、国民のおよそ7割が感染しているとみられる歯周病が糖尿病や心筋梗塞など命に関わる病気と関連があることや、歯が少なくなった高齢者は栄養状態が悪化することなどが研究で明らかになってきていて、口の中の健康管理が全身の健康を維持するうえで重要になっています。
こうした状況を受けて厚生労働省は、歯や口の中の健康状態について10年後の平成34年度の目標を現在よりも大幅に引き上げることになりました。

このうち、80歳で自分の歯を20本以上残す「8020」の目標については達成者の割合を現在の「25%」から2倍の「50%」とするとともに、40歳で自分の歯を1本も失っていない人の割合を現在の「54%」から「75%」まで引き上げる方針です。

また、子どもの虫歯については、「12歳での虫歯の数が平均1本未満」という目標を達成する都道府県単位の自治体の数を現在の「7」から10年後には「31」に増やし、地域格差をできるだけなくしたいとしています。

[PR]
by hayashi_shika | 2012-04-17 13:19 | 健康情報